Smiles That Last a
Lifetime.

Hiossen Implant, あなたの笑顔とともに

Where Beautiful
Results Take Shape.

Hiossen Implantは美しさと優れた品質を追求しています。
Hiossen Implantはあなたの第3の歯として
強くて信頼できる健康なインプラントを提供します。

Our Dedicated Team
is Here to Help.

Hiossen Implantは最高レベルのインプラント専門医による、
体系的で効果的なインプラント教育プログラムを皆様にご提供いたします。

Contact us
A Leading Dental Implant Company

HiossenとOsstem Implantは最高レベルのインプラント専門医による、体系的で効果的なインプラント教育プログラムを皆様にご提供いたします。
また、弊社の厳密な5段階品質管理プロセスは、製品の安全を保障し、品質及び効果に対する高い基準を満たすために行っております。
弊社の研究システムは骨治癒を促進させる製品の開発を中心に、様々な症例により確実なソリューションを提供しております。

America Top Brand Hiossenでその違いを体感してください。

お問い合わせはこちら>

AIC LogoLearn more about dental implants at AIC Education.

OSSTEM JAPANオンラインモールはこちら


翻訳

明けましておめでとうございます。

新年早々韓国本社の横領事件が取りざさされておりますことにつきまして、皆さま方へ多大なご心配とご迷惑をおかけ致しており、謝罪とお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございません。

1,880億ウオンの横領により、株式取引停止という事態となり誠に申し訳ないばかりでございます。

去る12月31日に被害事実を確認した直後、警察へ告発を致し1月3日に裁判所からの令状が発令され全力で捜査が進んでおります。

横領された金額は、ほぼ回収の目処が立っております。

まだ今年度の決算が終わっておりませんが、コロナ禍の状況にも関わらず弊社はインプラント販売本数世界1位として継続しております。2021年度は韓国内は勿論、海外法人の売り上げもさらに増加し創業以来最大の売り上利益と実績を達成しておりますが、横領金額(約1880億ウオン)を損失した場合、今期の純利益は数百億ウオンの損失となるかと思われますがほぼ回収できる予定のため実質損益は数百億ウオンとなり、返金が完了されると今年度の純利益は、返還金額分が追加されます。

経営を維持するための現金の資産は昨年9月の決算基準で、横領金額(1,880億ウオン)を除き

1,000億ウオン以上の現金資産を保有致しており、また海外法人の保有分(約1,400億ウオン)を合算すると、2,400億ウオン以上の現金資産を保有致しております。

また、弊社の経営資金は、月平均130億ウオンとなっており、キャッシュフローにおいては全く問題なく、生産/研究/経営、諸般すべて問題なく正常に稼働しております。

オステムインプラントは、より良い製品、より良いサービス、経営をさらに目指し邁進致す所存でございます。

この度の件につきましては、皆さま方へ多大なご心配とご迷惑をおかけ致しましたことを、今一度お詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

今後、このようなことは二度と生じないよう、再発防止策を構築致して参ります。

今後とも皆さま方のご支援を頂けますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2022年1月5日

オステムインプラント

代表取締役 オム テガン

オステムインプラント韓国本社からのお詫び


翻訳

明けましておめでとうございます。

新年早々韓国本社の横領事件が取りざさされておりますことにつきまして、皆さま方へ多大なご心配とご迷惑をおかけ致しており、謝罪とお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございません。

1,880億ウオンの横領により、株式取引停止という事態となり誠に申し訳ないばかりでございます。

去る12月31日に被害事実を確認した直後、警察へ告発を致し1月3日に裁判所からの令状が発令され全力で捜査が進んでおります。

横領された金額は、ほぼ回収の目処が立っております。

まだ今年度の決算が終わっておりませんが、コロナ禍の状況にも関わらず弊社はインプラント販売本数世界1位として継続しております。2021年度は韓国内は勿論、海外法人の売り上げもさらに増加し創業以来最大の売り上利益と実績を達成しておりますが、横領金額(約1880億ウオン)を損失した場合、今期の純利益は数百億ウオンの損失となるかと思われますがほぼ回収できる予定のため実質損益は数百億ウオンとなり、返金が完了されると今年度の純利益は、返還金額分が追加されます。

経営を維持するための現金の資産は昨年9月の決算基準で、横領金額(1,880億ウオン)を除き

1,000億ウオン以上の現金資産を保有致しており、また海外法人の保有分(約1,400億ウオン)を合算すると、2,400億ウオン以上の現金資産を保有致しております。

また、弊社の経営資金は、月平均130億ウオンとなっており、キャッシュフローにおいては全く問題なく、生産/研究/経営、諸般すべて問題なく正常に稼働しております。

オステムインプラントは、より良い製品、より良いサービス、経営をさらに目指し邁進致す所存でございます。

この度の件につきましては、皆さま方へ多大なご心配とご迷惑をおかけ致しましたことを、今一度お詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

今後、このようなことは二度と生じないよう、再発防止策を構築致して参ります。

今後とも皆さま方のご支援を頂けますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2022年1月5日

オステムインプラント

代表取締役 オム テガン

オステムインプラント韓国本社からのお詫び